き・ま・ま工房 木楽里きらり

木楽里は、木製品を自分でつくることができる工房です。
TOPへ
よくあるご質問お問い合わせ
TEL 042-970-2007
木楽里は大切にしています。木のぬくもり、つくる楽しさ。
木楽里のご案内 木製品ができるまで 木楽里の商品 イベント情報 お客さま作品集 お客さまの声
HOME > 木楽里のご案内 > 西川材について

西川材について

木楽里で主に使用している西川材のご紹介です。

筏流し

西川材の由来

埼玉県の南西部を流れる高麗(こま)川・名栗川・越辺川流域(飯能市・越生町・毛呂山町・日高市の4市町村)から生産される木材は「西川材」と呼ばれています。

昔は、筏(いかだ)を組んで江戸まで木材を流出していたことから、江戸の人々が「西の川から送られてくる良質の木材」として、この地方の材を「西川材」と呼ぶようになったといわれています。そして、この地域を「西川林業地」と呼ぶようになりました。

スギの苗

西川材の特長は?

飯能を中心とする西川林業地は、気象条件や土壌がスギ・ヒノキの生育に適しています。そして、枝打ちや間伐を丁寧に行い丹精こめて育てています。そのため、材の色、艶がよく、年輪が緻密で節の少ない良質な材が生産されます。しかし、区域の面積がせまく大量に生産できないので、一般にはあまり知られていませんでした。

西川林業の知恵〜立て木〜

西川林業の知恵〜立て木〜とは?

木は普通、40〜80年で伐採されますが、その時に数本残して100年、200年かけて大きな木に育て上げます。これが西川独特の育林方法で、この大径木を「立て木」と呼びます。

「立て木」は、小規模の山で収益をあげながら大径木を育てる方法であり、いざというときのための「山での貯金」でもあります。先人の知恵ってすごいですね。

木楽里のご案内
木楽里のシステム
木楽里のこだわり
西川材について
木楽里のスタッフ
工房使用料・材料費
木楽里へのアクセス
サイトマップ プライバシーポリシー Copyright © Sorin inc. 2007 All rights reserved.